田口麗斗甲子園には未出場ながらも隠れた素質は、超1級品

高校時代は表舞台に立つ事はありませんでしたが、各球団ともに非常に高い評価を与えていた左腕。東の松井・西の田口と言われる程の逸材です。特にスライダーのキレが素晴らしく、変化球の球種は少ないですが、
19
最速147キロのストレートと、キレ味抜群のスライダー、そしてタイミングを外すチェンジアップと基本的にはこの2種類ですか、たまにカーブを投げる事もあります高校時代は日本代表として、楽天・松井と共に活躍。田口は元々巨人ファンで小学校の卒業文集には、巨人で活躍して、原監督を焼きそばパーティに呼ぶと書いてあります。その一つの段階巨人に入団は果たせました。

また昨年、契約をした際に、巨人の球団関係者は、数年後には間違いなく1軍で活躍する投手と太鼓判を押しています。未来を担う投手として期待されて、巨人にドラフト3位で指名された左腕。小柄ながらも相手打者を圧倒する、投球スタイルは高校生離れしています。イースタンリーグでまずは今年は下地作り。

その中で登板する事によって実践感覚を養い、バランス良く成長すれば本当に数年後が楽しみな逸材です。またドラフト会議で良く3位まで残っていたのも巨人に取っては非常にラッキーでした。今後が楽しみです。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ