宮國椋丞2013年の開幕投手。20歳で勝ち取った栄光も活躍出来ず。

昨年の開幕投手に20歳にして大抜擢され、桑田真澄以来の20歳の開幕投手宮國椋丞投手。オープン戦で成績がずば抜けて良く、能力開花が期待されました。またエース内海や杉内が【ワールドベースボールクラシック】に参戦した為、敢えて若い宮國に原監督は任せました。
キャプチャ159
しかし、コントロールが悪くまた、ウィニングショットのフォークボールを多投する等、明らかにオープン戦とは違う内容でした。結局7回も持たずに降板し、試合は脇谷の逆転タイムリーが飛び出し勝利しましたが、宮國に取っても原監督に取っても不本意な結果だったのは言うまでもありません。その後もしばらく先発のチャンスを貰っていた宮國ですが、勝ったり、負けたりと難とももどかしい状態が続き遂に堪忍袋が切れた原監督は宮國をファームに落としました。

昨年は、打線の噛み合いと先発投手の噛み合いがあまりうまく機能していないなか開幕7連勝を決めました。この7連勝の要因はやはり12球団1の強力リリーフ陣の存在が大きかったと思います。宮國には2軍では良い内容の投球をしますが、何故か1軍になると精彩を欠きます。

成長しない宮國に原監督は苛立ちを隠せませんでした。今年はオープン戦でも打たれ2軍スタートです。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ