藤村大介は第二の松本哲也のようになれるのか?期待度が高い選手

名門熊本工業出身で足がとても速く付いたあだ名が【ピノ村】ピノって何と思うかも知れませんが、昔ファミコン時代にファミスタと言う野球ゲームがあってピノと言う選手の足が非常に速かった事から命名されました。その藤村が好調です。
キャプチャ154
左投手からもヒットを放つ等、今年はチャンスの年かも知れません。片岡の足の状態も万全ではないですし、井端もこの前のクロスプレーで負傷し、登録は抹消されていませんが、2人とも満身創痍です。松本は外野手。藤村は内野手と守備が内野と外野でかなり違いますが、藤村も打球に回りこむのが非常に速く、ライト前ヒットを意図も簡単にセカンドゴロにしてしまいます。

元々守備能力と走塁能力は高く評価されていた選手ですからあとは、打撃が開眼すれば正に鬼に金棒です。その打撃が今まさに開眼しかけています。打撃の神様は開眼させるのか?それとも目を瞑らせてしまうのか?ここから本当のレギュラー争いの勝負の年です。今年は開幕してから、巨人打線は絶好調で、相手の隙を見逃しません。

唯一、本調子でないのは阿部だけです。ただあれだけ実績のあるバッターですから、ゴールデンウィークの頃には打棒が炸裂している事でしょう。1シーズンを通して野手が全員絶好調な事はありませんから、今は大きいのを狙わずコンパクトに振れば良いと思います。藤村には盗塁王に輝いたあの頃より更にパワーアップした姿が見たいです。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ