将来のクリーンアップ「中井大介」に今年チャンスは来るのか?背番号61⇒36になったが・・・

若きG戦士として期待されたいる中井大介だが、今年は中井大介にチャンスは巡って来るのか?
中井大介
内野手として出場が多い中井大介ですが、今年は西武から片岡、中日から井端と有名選手が移籍して来たことで中井大介のポジションは外野という事になりそうだが・・・、他の選手藤村大介なども同様の事が言える。

背番号も坂本の後で61番を背負うなどして、期待されていた中井が徐々に結果を出し始めたのもつかの間、今年ドラフトで入った和田恋に背番号61番を明け渡すことになった中井大介の背番号ですが今年は36番。

この背番号36番ですが過去に印象が強いのは高橋尚成です。高橋尚成が入団当初からつけていた番号ですが、ちょっと気になるのがあの人「長嶋一茂」がつけていた番号というところ。

今年、ドラフト2位に和田恋に61番を渡してからしばらく背番号が決まらなかった中井だったので、渡しとしては予想を色々としていたのですが、まさ36番になるとは・・・・

36番だったら、まだ37番(元木大介、岡島秀樹)35番(四條稔、清水貴之、亀井義行)などの番号があったのに・・・・。

なんとも残念ですが、言い方を変えれば61番からかなり若い番号になったので、期待は続いているのか・・・・。

今年の中井大介に期待ですね!今年は巨人軍65周年で中井大介の地元伊勢市倉田山公演野球場で沢村栄治さんの背番号を来て阪神と試合をするなど・・・伊勢出身の中井大介にますます期待です。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ