今年の巨人の注目若手投手は?リベンジに燃える、宮國椋丞投手!!

昨年はオープン戦絶好調で、20歳にして開幕投手に大抜擢された、宮國椋丞投手。しかし、緊張もあってか、彼本来のピッチングが出来ませんでした。
宮国
当日、テレビ解説を担当した、江川卓氏は、今日は調子が悪いと早い回から、言っており、その理由としてホークボールをこれまで多く多投する姿は見たことないと、宮國椋丞投手の出来に不安がある事をはっきりと言い切りました。

結局江川卓氏の指摘通り、思ったような投球は出来ず、オープン戦とペナントの違いをまざまざと痛感させられた、登板となりました。

宮國椋丞投手が開幕投手に選ばれた理由は、オープン戦で12球団一の防御率を誇る等、オープン戦で結果を残した事と、WBC組を、開幕戦に登板させて負荷をかけたくない、原監督の思惑があったからです。今年のオープン戦では今一つ調子が上がらなかった宮國投手。開幕1軍は今年の現状では厳しい状況ですが、必ず長いペナントで、宮國投手の力が必要になる時期がきます。その時に最高のパフォーマンスが出来るように、ファームで鍛えて鍛えて鍛えまくって欲しいです。まだまだ課題の多い投手ですが、その分伸びシロも十分あります。今年は昨年のリベンジを何としてもしてもらわなければいけません。彼、本来の投球が出来れば2桁勝利はそんなに難しい話ではありません。今年こそ完全開花して欲しいです。

先日は伝統の伊勢倉田山公園野球場で先発しましたね!背番号30といえば、江川卓、橋本清ですねw

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ