藤村大介セカンド争いでは不利か?ライバル片岡選手井端選手の強敵出現で大ピンチ!!

通称【ピノ】と呼ばれている、藤村大介選手の一番の持ち味は自慢の足です。今年hはセカンド争いではかなり後手に回ってしまいました。

“¡‘º

また打撃に少し難がありそこを改善する必要があります。足の速い選手で必要なのは粘り強くファールでカットする技術と、選球眼です。フォアボールはヒットと同じです。

無条件で1塁に行けます。そこで藤村選手のように足の速い選手は機動力野球の原点、盗塁をしてランナーセカンドのチャンスを作る事です。ここまで行くと2塁打と同じ価値になります。

足が速い選手は塁に出てこそ持ち味が生きます。内野安打も足が速い選手は自然と多くなります。藤村選手はミートする力はそれなりありますが、思いっきり引っ張り切れない部分がまだあります。

どうしても外角の球を合わせてレフト方向への凡打が目立ちます。基本は打球を叩きつける事です。フライをあげたら折角の俊足がパアーです。しかし、打球を転がせば野手は少なからず焦ります。

それがエラーに繋がったりするのです。しかしフライはあげた瞬間アウトです。プロの世界で内野フライを落球する確率は極めて低いです。

しかし、ゴロなら様々な可能性があり、相手をかく乱させる事も出来ます。如何にして塁に出るかを良く考えなければいけません。

守備固めや代走で出場した時も常に巨人に選手の動きを見る事も重要ですが相手チームの同じタイプの選手の考察も必要です。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ