中継ぎのスペシャリスト香月良太度胸満点の内角シュートで勝負。

オリックスからトレードでやってきた香月良太投手。オリックス時代から中継ぎ経験は豊富で試合が壊れそうな時に香月が登板し、流れを止めるのが香月の役目。香月はストレートはそれ程早くないですが、右バッターに投げるシュートが非常に効果的で大事な所でゲッツーを取ってきりぬけます。
キャプチャ165
また三振を取るタイプの投手では無く打たせて取るタイプのピッチャーです。コントロールも比較的安定しており余りフォアボールから自滅する事が少ない投手です。ピッチャーはコントロールが第一です。150キロでもコースが甘ければ打たれ、140キロでもコースがきっちり決まっていれば痛打を浴びる事は少ないです。

香月は勝ちゲームでも負けゲームでも。文句ひとつ言わずマウンドに立ちます。もう少しスピードが速ければ言う事なしのピッチャーなんですが、こればかりは仕方ないですね。実践感覚に非常に慣れており、様々なシュチューエーションで投げれる投手です。

ピッチャーは故意にデットボールを与えてはいけませんが、際どい内角を攻める事で相手打者は外のスライダーを引っかける事が多いです。やはり内角に香月の場合は意識させておいて、相手打者によって、内角で勝負か外角で勝負する投手です。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ