中日が手放した井端弘和。巨人に来てからは古巣以上の奮闘!!

昨年の契約更改で大幅なダウン表示を受けた井端弘和。本人は到底受け入れられない条件で秋季キャンプも井端だけ参加しないと言う異常事態に発展しました。
キャプチャ145
11月4日中日は井端と契約を結ばない事を表明。井端は自由契約選手となりました。そこでセカンドが長年のウォークポイントだった巨人が井端を獲得。中日時代の井端は本当に嫌らしいバッターでした。ファボールを良く選び、荒木とのコンビは【アライバコンビ】と呼ばれていました。打撃では長打殆どありませんが、右方向への流し打ちが、非常に得意でここぞと言う時に巨人は井端に痛い目にあってきました。またエンドランも非常に上手く小細工の上手なプレイヤーです。

また、バントも非常に上手く中日が手放したのは本当にラッキーでした。また守備も堅実で
6年連続ゴールデングラブ賞を受賞する等、非常に守備面においてもヒット性の当りを簡単にアウトにしてしまう守備は魅力です。本職はショートですが、セカンドも中日時代に荒木と井端の守備位置を入れ替えた年があり、セカンドとしての実績も申し分のないものがあります。西武から、片岡も獲得しており基本的には、片岡と井端の併用になりそうです。

しかし、井端もクロスプレーで負傷した中1軍でプレーする等満身創痍ですが、井端は怪我等を一切言い訳にしない選手なので、頑張ってもらいたいです。また中日戦には鬱憤を晴らす活躍を期待したいです。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ