歴史のある1桁番号「背番号9」亀井義行が背負った背番号は重いのか?過去には村田、清水・、有田など

現在巨人軍の背番号9は、亀井義行選手が付けています。亀井選手が大ブレイクした2009年から付けています。あれから5年。
f-bb-091101-3307-ns-big
低迷期にいる中でも球団は期待の表れとして亀井から、背番号9をはく奪する事はしませんでした。この粋な計らいを亀井選手も感じて欲しいですよね。今年は出遅れましたが、帳尻合わせをしてくれないと困りますし、それが出来る選手です。
亀井選手が付ける前には、清水隆行がつけていましたね。清水は安打製造機でしたね。各球団から入団1年目から激しいマークにあいましたが、それを見事に跳ね返しましたね。
754c2d2a
その前が同じく現在1軍のコーチとして活躍している、村田真一でした。
muratasinniti
村田は意外性のある長打と、ファンサービス精神が旺盛の選手で人気も非常に高かった選手でした。また打率はは低いですが、ここぞと言う勝負処でのチャンスでの打席では、期待に応える事多かった選手です。現在亀井が背番号9を背負っていますが、先人達を超す活躍をして背番号9に亀井の名前を深く刻みこんで欲しいですね。次の選手がこの背番号は重いなと思う位に活躍して欲しいです。

それが出来る選手ですからファンとしても自然と求めるものが高くなります。3割30本を見て見たいですね。決して出来ないはずではない選手です。何かの切欠から2009年の時を思い出して欲しいです。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ