【巨人VS広島】1軍昇格の山本が爆走!初のヒーローに!【4月16日試合結果】

鹿児島で行われた2019年4月16日の巨人VS広島戦は8対2で巨人が快勝!!

離脱した吉川尚輝の穴を埋めるべく1軍昇格した山本泰寛が3打数2安打1四球と活躍!

走塁では、広島バッテリーのミスに着け込み爆走!貴重な追加点を生み出した。

Sponsored Link

巨人戦試合結果概要

巨人山本泰寛

自身初のヒーローとなった山本泰寛@hochi_giants

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 3 0
1 3 0 0 0 2 2 0 × 8 10 0

勝利投手/敗戦投手

【勝】山口俊(3勝0敗0S)

【負】ジョンソン(0勝2敗0S)

本塁打

【広島】

  • 鈴木誠也 7号(4回表ソロ)

【巨人】

  • 岡本和真 6号(7回裏ソロ)
  • 陽岱鋼 1号(7回裏ソロ)

Sponsored Link


山本泰寛爆走!1軍定着へ猛アピール!

吉川尚輝の穴を埋めるべく招集された山本泰寛が、3打数2安打1四球と結果を残した。

特筆すべきは、6回の走塁。

粘りのライト前ヒットで出塁後、広島バッテリーのエラーの間の1塁から3塁へ爆走!

一瞬ヒヤッとしたが、積極走塁で相手にプレッシャーをかけられたのか、次の投球でも暴投を誘い、振り逃げの間に一気にホームに生還した。

何が何でも爪痕を残してやろうという山本の気概が伝わってくるプレイだった。

また、1番坂本・2番丸・3番ビヤの打順変更が見事に機能していた。

丸は安打こそ出なかったものの2打点。ビヤもタイムリーヒットで2打点。坂本に至ってはまたマルチ安打で打率が.411。開幕戦から未だに連続出塁を続けている。

山口俊は今季3勝目も制球難に不満!

先発した山口俊は7回117球を力投し、3安打2失点。

結果だけ見れば全然打たれていないのだが、6四球と制球難が目立った。

本人もヒーローインタビューのお立ち台で「最悪」と投球内容を語っていたが、フォアボールさえなければ最高なピッチング。不満は残るかもしれないが、結果オーライと言えるだろう。

大量リードながらも、中継ぎでは中川、クックの勝ちパターンを投入しパーフェクトリリーフ。

この2人がこの調子ならしばらくは安心して試合が見られそうだ。

問題はビハインドでの中継ぎということになるのだろうが、昇格した高木京介が役に立ってくれることを祈ろう。

まとめ

上記以外にもゲレーロに久々のタイムリーが出たり、岡本、陽にホームランが出るなど非常に見どころの多い試合だった。

山本の気概は素晴らしい。慶應ボーイが泥まみれでガムシャラに躍動する姿は野球ならでは。明日からも積極的なプレイに期待したい。

あれだけ見るのも嫌だと思っていた広島戦がここまで愉快になるとはね!!

まぁ、これが本来の姿ですよ。広島はBクラスがお似合いなんだよ!!

ここ数年のフラストレーションを吹っ飛ばしてくれるような試合を明日も見せてもらいましょう!

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ