【巨人VS広島】丸ついに打つ!初安打2点タイムリー!【3月31日試合結果】

マツダスタジアムで行われた巨人VS広島戦は、6対3で巨人の勝利!

丸が古巣相手についに初安打!しかも2点タイムリー!!

残念ドラ1こと桜井が連打を浴び、一時は同点に追いつかれるもなんとか勝ち越し。

ゲレーロにも2ラン、吉川尚にタイムリーが飛び出すなど、打線も上向き開幕カードを2勝1敗で終えた。

Sponsored Link

巨人戦試合結果概要

丸・巨人で初ヒットタイムリー

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 2 0 0 1 0 0 0 3 6 9 1
1 0 1 0 0 0 0 1 0 3 10 3

勝利投手/敗戦投手

【勝】中川晧太(1勝0敗0S)

【負】中崎翔太(0勝1敗0S)

【S】クック(0勝0敗2S)

本塁打

【広島】

  • なし

【巨人】

  • ゲレーロ1号(2回表2ラン)

Sponsored Link


丸ついに打つ!2点タイムリー!

5回表、2アウト2塁で丸がタイムリーツーベースヒットを放ち、今シーズン初安打初打点

アウェーの洗礼を浴び、ここまで無安打だったFA戦士が結果を残し一安心。

ほかにも打線はゲレーロに2ラン、吉川尚、坂本にタイムリーが出るなど上向き。

ゲレーロの復活と吉川尚の成長によって、今年の巨人は打てるというイメージが持てる。

とくに吉川尚は3試合連続安打を記録。決勝点を挙げたことでお立ち台に上がった。

桜井はやっぱりダメだった。中川はGOOD!

丸のタイムリーで勝ち越し1点差リードの8回、マウンドにはまさかの桜井。

昨日ナイスピッチングを見せた中川ではなく、ここで桜井というのはいったい……これが原野球か。

いきなり2安打を浴びアウトを一つも取れずに降板。

初戦の大江といい、まだまだ継投は手探り状態というところか。

まぁ、まだシーズンは始まったばかり。これを糧に残念ドラ1の汚名を払拭してくれる活躍を願う。

火消し登板した中川はノーアウト1.3塁の状況から広島の代打・小窪をショートゴロに打ち取り最少失点に抑える。

この調子で中川には勝ちパターンのリリーフエースに育ってほしい。

9回の援護により中川に勝ち星がついた。

まとめ

一時はどうなることかと思ったが、ここで負けないのが今年の巨人の底力か。

相性最悪の魔境・マツダスタジアムで2勝スタートは大きい。

これでマツダに対する嫌なイメージも払拭できたというものだろう。

ゲレーロの復活、吉川尚や中川などの若手の台頭など大いに見どころのある開幕3連戦だった。

広島へ人的移籍した長野のヒットも見れて大満足。

今年は面白いぞ~!勝つ勝つ勝~つ!

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ