【巨人VS広島】アウェーの洗礼!?丸4打席連続三振に倒れる【3月29日試合結果】

マツダスタジアムで行われた巨人VS広島開幕戦は、0対5で広島の勝利。

昨年最多勝のエース対決は大瀬良に軍配が上がった。

巨人は開幕戦からまさかの完封負け。情けない試合となった。

Sponsored Link

試合結果概要

巨人開幕戦完封負け

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8 2
0 0 1 0 0 0 0 4 × 5 7 1

勝利投手/敗戦投手

【勝】大瀬良大地(1勝0敗0S)

【負】菅野智之(0勝1敗0S)

本塁打

【広島】

  • 阿部友裕 1号(3回裏ソロ)

【巨人】

  • なし

Sponsored Link


アウェーの洗礼か、丸4打席連続三振

2019年開幕戦は、昨年最多勝のエースが投げ合う至高の投手戦で始まったものの、3回に広島安部にホームランが飛び出し先制される。

巨人打線は大瀬良の前に子ども扱いされ、菅野を援護できず。

古巣対決となった丸は、アウェーの洗礼とでもいえばいいのかブーイングと重圧の中で4打席連続三振。

これじゃあ広島ファンはメシウマ状態。

原監督はこれについて「全てが糧」とコメントした。

開幕1番に座った吉川尚樹は3安打猛打賞も、打線が繋がりを欠いた。

1点ビハインドでまさかの大江登板

菅野降板後の8回裏、マウンドには1軍初登板の大江。

たしかに大江は、オープン戦で合計5回を無失点の好投を見せていたが、このマツダスタジアムでの1点ビハインドは荷が重すぎたのではないだろうか。

ここは原の采配が裏目に出てしまったと言わざるを得ない。(マシソンがいればなぁ……)

ヒットで出塁した田中を、送りバント、進塁打で見事に3塁まで進められてしまい、急遽火消しで登板した宮國がフォアボールからの連続ヒットで計4失点。

この試合を決定づけられてしまった。

先発の菅野は相変わらずの一発病はあったものの、7回4安打1失点の貫禄のピッチングを見せた。

【おまけ】懐古厨えもやんの金言

今日の試合は残念すぎて、これ以上書く気がおきないので、ショウアップナイター解説者「えもやん」こと江本 孟紀氏の金言で〆ようと思う。

金言①「メジャーは何も頭使ってない」

メジャーから流用された近年の2番強打者ブームを受けて。

たしかに最近のメジャーではフライボール革命が起きたりととにかく飛ばせる強打者をガンガン上位打線に置いていくスタイルが流行っている。

これに関してはイチローも引退会見で苦言を呈していた。

懐古厨のみならず、日本の野球は頭を使う頭脳プレーに重きを置いてほしいというファンは多いだろう。

チームで戦うゲームなのだから、「戦術よりも戦略」という声があがるのは当然か。

金言②「2番坂本はダメ。坂本3番で2塁にランナーいたら点入ってる。」

8回表巨人の攻撃にて。

上述したように、2番強打者スタイルの反対のえもやん。

8回の攻撃では吉川尚樹がヒットで出塁後に坂本が連打。この時にもしも、吉川尚樹を送って2塁に置いていたら……という話になった。

ランナー1塁で強打者というシチュエーションでは盗塁もさせづらく、やはり送りバントで得点圏を演出するのがベターだという意見だ。

実際にこの裏、広島の攻撃では田中出塁後に菊池が送り、得点に繋げている。

金言③「200イニングは普通」

年間200イニングを目標にしたいと言っていた菅野に対して。

THE懐古厨、これぞえもやん節と言ったところか。

時代が違うとかそういう以前に、選手生命やチームのために1年でも長く良いピッチングをするために無理な登板はしないというは理にかなっていると思うのだが。

えもやんは6年連続200イニングを投げたことを自慢げに語っていたが、この人その間に何かひとつでもタイトルを獲ったのだろうか?

金言④「ピッチャーが肉離れはあり得ない。」

肉離れで負傷降板した楽天・岸に対して。

えもやん曰く「一番足腰を鍛えているピッチャーが肉離れをおこすのはあり得ない。」とのこと。

金言⑤「花粉症(笑)」

花粉症で苦しむ選手たちに対して。

そりゃあ花粉症になったことのない老人にはこの辛さはわからんでしょうな。

花粉症のせいでどれだけ仕事の効率が低下するか……勘弁してくれ!!

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ