野間口貴彦肘の手術から完全復活なるか!?現在は育成枠選手

社会人投手ナンバー1右腕の呼び声が高く、巨人、阪神、西武が獲得に動きました。野間口自身は巨人ファンであり、相思相愛の関係でドラフトが行われる3か月以上も前に、阪神と西武に断りの電話を入れています。野間口入団に関してこれは2012年に発覚したものですが、巨人は契約金の上限1億5000万円を大幅に超える7億円の契約金を支払っていた事が判明しました。
3
それだけ、巨人にしてみれば野間口は巨人のエース候補の本格派右腕でストレートの威力も抜群で期待の表れがこの7億円と言う金額が全てを物語っています。野間口はイースタンリーグの開幕戦でデビュー7回4失点で敗戦投手になっています。

その後1軍に昇格し、当時の広島市民球場で雨中の中登板。試合当初から雨の勢いは強く、一向に止む気配も無かった事から5回コールドゲームとなり、野間口に取っては嬉しい初勝利となりました。また、5回コールドゲームなので完投扱いになり初完投勝利となりました。

しかし、その後伸び悩みが続き活躍したのほんの一時期だけです2007年9月に僅か17日の間に4勝をマークし優勝に大きく貢献します。しかし、その後はサイドスローに転向し、第二の斉藤雅樹を目指しましたが、中々上手く行かず、挙句のはてには肘の手術を行う事になり支配下登録選手から外れ、育成選手となりました。この肘の手術から野間口は自分の力で復活出来るか注目です。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ