背番号22番小林誠司選手が背負っている番号

直近では、越智大祐投手が2009年から付けていました。しかし、2012年難病が発覚し、手術を受け、1年間棒に振ります。球団も背番号wを数字の重い背番号に一旦戻します。
キャプチャ72
越智はストレートと雷雷フォークと呼ばれる切れ味鋭いボールで相手打者を手玉に取ってきました。2012年越智の難病が発覚するとファンに激震が走りました。今越智は2軍で投げています。順調に行って欲しいですね。

越智の前は2006年~2008年まで福田が背負っていました。この頃の福田は極度の制球難で無駄なフォアボールを出し、ストライクを取りに行っては痛打されるの繰り返しでした。球団は結果が出ない福田に背番号22を半ばはく奪します。

2005年は外国人キャプラーがつけていました。チャンスに滅法弱く、またチャンス以外の打席でも打率が極めて低く球団も前半戦で戦力外通告をしました。それ以前は活躍しなかった外国人もいますが、キャッチャーが非常に多くこの背番号を付けています。

中でも【デーブ大久保】が1992年から1995年までつけており、移籍した年はホームランを打ちまくり、【デーブ大久保】が打てば負けない、ホームラン神話も誕生しました。チャンスにも強く何故、西武ライオンズでは、活躍の場が与えられなかったのが疑問ですが、当時西武ライオンズには、伊東と言う正捕手がおり出場するには、指名打者でしか出場する機会はありませんでした。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ