斎藤雅樹がつけていたエース背番号11を受け継いだ久保裕也その背番号は期待のあらわれも・・・

巨人では数多くの優秀な投手を輩出してきました。その中でも背番号11番は現在久保裕也投手が付けていますが、偉大なる先輩もつけていた背番号で久保にたいする球団の期待度の高さがわかります。
c55a1874
先ずは、別所毅彦生涯通算310勝を挙げた伝説の投手も巨人軍の背番号11をつけていました。

別所は生え抜きの巨人の選手ではないですが、それでも巨人だけでも200勝以上の勝ち星があります。別所が背番号11を背負った投手の中では1番活躍した投手なのは間違いありません。
starhin
そして、平成の大エース斉藤雅樹。斉藤は、サイドスローから投げる、切れ味抜群のストレートにシュート、スライダー、カーブ、シンカーとどの球種も一級品。特にサイドスローから投げる右打者へのスライダーは面白いように相手打者のバットは空を切りました。2年連続20勝。
8df07c83
完投能力も非常に高く、正にエース。怪我が少ないのも活躍の原動力になったのは間違いありません。最近の選手は怪我が多くて、期待と不安が正直半々ですね。1980年代には角もこの背番号でリリーフをしていました。左の角。
sumi2
右の鹿取の時代です。
middle_1353584905
そして今その背番号は久保が引き継いでいます。久保も怪我が多く2013年シーズンは棒にふりました。本当に勿体ないです。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ