須永英輝、先輩大竹寛の入団で、一躍奮起なるか?解雇から間逃れ続けるも今年が勝負の年。

ここにもまた、今年勝負の年の選手がいました。その名前は、須永英輝投手。鳴り物入りで日本ハムに入団。年々登板回数が減り、結局日本ハムでは花が咲く事はなく未勝利のまま巨人へ移籍となりました。
275px-Giants_sunga_37
巨人移籍後も主にイースタンリーグでの登板が多く、2012年に左ひじ内側側副靭帯再建手術を受けたため、2012年は登板する機会は無かった。2013年は、イースタンリーグで数試合の出場に止まり、今年にかける思いは強い。須永は未だに1軍では未勝利です。この状況を打開するカンフル剤があります。浦和学院時代の先輩大竹寛の入団によって一躍奮起する可能性があります。しかし球団も肘を手術している事や年齢等から、今年をラストチャンスにする可能性も高く、先輩投手の加入で一皮も二皮も向けた、須永の高校時代に相手高校を圧倒したキレの良いピッチングを見たいです。技巧派になっていてもそれで、成功するなら形には拘らない事がとても大切です。プロ野球の世界で求められるものはただ一つ、結果です。結果さえついてくれば、誰も文句を言わないのがこの世界の常。勝負の世界は結果が全てです。どんなに途中まで素晴らしくても結果が出なければ意味がありません。逆に不安定な内容でも、勝ち投手になれば称賛されます。これがプロ野球の世界です。アマチュアでは無いのです。今年が本当にラストチャンスのつもりで須永の奮起に期待したいです。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ