1年の空白から久保裕也投手は完全復活なるかそれともこのまま終わりか?

1年の空白から久保投手は完全復活なるか?
久保投手は昨年1軍での登板は1度もありませんでした。今は肘や肩も万全のようですが、1度傷を負うと古傷は痛みます。特に気候の変わり目等に痛くなると言います。
MG07438_MGX900_000
久保投手は速球はそれ程早くありませんが、変化球が豊富な投手です。しかし、色々な変化球が放れるが故に決め球がありません。どの変化球も同じレベルだからです。それとストレートに威力がない為に変化球は打ちやすい球になります。非常に打者からしてみたら、打ちやすい投手です。7色の変化球と言われていますが、それが仇となっています。球種をもう少し少なくして、ストレートの威力はこれ以上上がるのは無理でしょうから、コントロールをもっと磨く事です。150キロの球でも狙い打ちされれば、コースが甘ければ打たれます。それがプロの世界です。しかし、その反面140キロの球でも制球が定まっていればそれ程痛打される事はありません。やはり投手はコントロール第一です。しっかりコースに投げられれば、140キロのストレートでもそれ程打たれる事はありません。久保投手の場合は、スピードボールより、コントロール勝負です。コーナーの隅々に投げて行く事で、投手としての人生を1日でも長く出来るようにしなければいけません。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ