気まぐれエース内海哲也はどうして安定した投球が継続しないのか??

気まぐれエース内海哲也
エース内海哲也投手は本当に気まぐれです。9回をピシャと抑えたと思ったら、大炎上したり。嵌ればかなり良い投球をしますが、嵌らないと早い回で捕まります。
utsumi-001
ストライクを取りに行った所を痛打されます。これはあまり良い傾向ではありません。エースは気まぐれではダメです。まして巨人のエースとなれば尚更です。
防御率も1点台を残さないと本当のエースとは呼べません。波の激しいタイプの投手は成功はしますが大成功はしません。内海投手の場合今の所前者に該当します。

最多勝を2年連続で取りましたが、何故かインパクトにかけるのです。昨年の田中将大投手のような24勝0敗1S防御率1・27は異常な数字なので例外ですが、何か一つ内海投手には足りない気がします。その足りないピースが何なのかは本人は当然気づいていると思います。簡単に言うとエースとしてのオーラが無いのです。例えば、広島戦で前田健太投手が相手だと厳しい戦いになるなあと感じるようなオーラがないんです。確かに2年連続最多勝は簡単に出来る芸当ではありません。まして巨人のエースとなれば尚更、プレッシャーもかかります。その中での2年連続最多勝は快挙と言っても過言ではありません。

今年はオープン戦でいきなり大炎上してファンの肝を冷やしましたが、ペナントになれば本来の投球スタイルを見せてくれる事でしょう。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ