永遠の若大将原辰徳。監督としても選手としても成功を納める

現役時代はONが抜けた後の4番を任されかなりのプレッシャーがあった原辰徳。そのプレッシャー地獄の中でも結果を残した原辰徳は当時の巨人ファンを熱狂させた。一般的にはチャンスに弱い等と言われる事が多かったですが、実際はチャンスにも強く、ここぞの場面で放つホームランには豪快バットを後ろに放り投げるパフォーマンスで貫禄を見せつけました。
24
原辰徳は、東海大相模高校から、東海大学に進学し、プロに入りました。その時、巨人を含め4球団競合となりますが、見事巨人が交渉権を獲得し、すんなりと巨人入団が決まりました。入団当初はセカンドを守る事が多かったですが、中畑の故障離脱に伴い、原がサードを守る事が多くなりそのまま3塁のレギュラーポジションを掴み取ります。

中畑はファーストにコンバートされ、巨人の内野陣は非常に充実したメンバーになります。後にセカンドには篠塚が定着し、不動の内野陣になります。原は2年連続で30本塁打を放つ等長距離砲で、30本以上のホームランを放ったシーズンは6シーズンあります。また引退試合となった1995年10月8日の広島戦でもホームランを放ち通算本塁打は382本。引退セレモニーは盛大に行われ、原は大粒の涙を流した。

この引退試合では最後の打席で広島の考慮で大野豊が原の為だけに登板し全てストレート勝負。結果は大野に軍配があがりました。評論家時代を得て、コーチとして巨人に復帰2001年限りで長嶋監督が勇退される事が発表されるのと同時に時期監督が原である事明らかにされました。2002年監督1年目でいきなり日本一を達成。西武に4連勝し格の違いを見せつけます。

2003年は3位でしたが、解任され、ファンからは球団に抗議の電話が殺到。また読売新聞購買者が大幅に減る事態となりました。そして2006年再び監督に復帰7年間で5度リーグ優勝。日本一2回の名将になりました。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ