今村信貴先発投手陣が不安定な今年は大きく飛躍するチャンスの年

2011年のドラフト会議で巨人から2位指名された左腕今村信貴投手。
キャプチャ160
高校入学時にはストレートは120キロ程度でしたが、卒業する時には149キロの快速球を投げる投手まで進化しました。巨人に入団から、イースタンリーグでは抜群の成績を1年目から残し、イースタンリーグながら、ノーヒットノーランを達成しています。

左投手の145キロは右投手の150キロ以上の球に見えると良く言われています。今村の武器はその速いストレートに80キロ代の超スローカーブ、スライダー、フォークボールです。昨年巨人が優勝した翌日に先発として登板し、優勝決定翌日とあって、殆どの野手が控えに回るなか見事勝利投手となりました。今年は先発投手陣が不安定です。必ず今村に怪我さえしなければチャンスは回ってきます。

その時に何としても好投して欲しいのです。この千載一遇のチャンスを逃して欲しくないのです。巨人以外の球団でも言える事ですが、あの時あそこで抑えておいて良かったと思う選手と、その逆の選手がいます。

勿論、今村に求めるのは前者です。今年を上手く乗り切れば、戦力として厚みが出てきます。特に左腕ですから、相手チームも嫌がる事でしょう。現在はファームで1軍登板の機会をうかがっていますが、それと同時に筋トレもしており、体を鍛えて1軍に呼ばれるのを待っています。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ