今年はバント成功率が大幅に上昇。川相ヘッドコーチの期待に応える!

昨年までは、バント失敗が非常に大きかった巨人。今年もバントに無く試合が多いのかな?と思っていましたが、そこは流石の【世界の川相】。
キャプチャ153
犠打世界記録を持つエキスパートがキャンプ中に相当鍛えられたのでしょう。送りバントは特に投手の場合自分を助けるのと同時にベンチで休めますから成功か失敗かは大きいですね。天と地程の差があります。

またバントはストライクゾーンに来たら一発で決めるのがセオリーです。スリーバントでも成功すれば成功ですが、少し嫌な流れに攻撃側はなります。またストライクゾーンの球をバントしないとランナーが飛び出しキャッチャーからの牽制で刺される可能性もあります。現役時代の川相はバントの失敗は殆どしない選手でした。

バントは殆ど一発で決めています。攻撃のリズムがうまれます。その為、川相の送った後は得点の入るケースがかなり多かったです。今年の巨人の投手陣はバント練習を余程繰り返したのでしょう。殆ど1発で決めています。これにより攻撃のリズムが良くなり猛打が爆発する一つの要因となっています。必ず攻撃陣が猛打が爆発する時は切欠があります。

それが、送りバントの事も多いです。バントは出来て当り前なんです。プロなのですから。投手もセリーグに所属している以上、バントも大切な仕事の一つです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ