魔の甲子園。阪神ファンの熱狂的な応援が影響か?なかなか勝てない

高校球児が誰もが夢見る大舞台。1度立てば価値観すら変わるち言われている、
151キャプチャ
阪神の本拠地【阪神甲子園球場】最近は甲子園の阪神戦でも互角の勝負を出来るようになりましたが、以前は中々甲子園で勝てずサンタテを喰らう事もしばしばありました。

巨人対阪神【東京ドーム】阪神対巨人【甲子園】対戦するのは同じチームでホームかビジターかだけの違いです。その他の4球団広島【マツダスタジアム】中日【名古屋ドーム】横浜【横浜スタジアム】ヤクルト【神宮球場】ではいつも通りの野球が出来ますが、何故か甲子園にいくと打線が沈黙。

昨年も開幕7連勝の勢いで乗りこんだ甲子園で0勝2敗1分とった点数もごく僅かしかも2敗とも完封負けと良い所が全くなく、阪神に完敗を喫しました。好調だった打撃陣で突如沈黙投手陣も良いに打たれる始末。これでは勝てるはずがありません。以前から原監督が言っているように【甲子園で阪神に勝たないと意味がない】この言葉を象徴しているかのような悪夢の3連戦でした。

引き分けになった試合も紙一重で負けていた可能性のある試合でした。5月に阪神が東京ドームに来た時もやりたい放題やられました。しかし、交流戦以降の甲子園の試合では巨人ナインが奮起し勝ち越す等、大分甲子園アレルギーから脱出傾向にあります。甲子園の阪神への応援は強烈です。以前ライトを守っていた高橋にビー球が飛んできたそうです。

確かにあの割れんばかりの大声援は他の球団と明らかに違い、迫力もあります。それに選手達は呑み込まれているのでしょうか?確かに巨人戦になると他の球団も目の色を変えて戦ってきます。相手球団の応援に飲み込まれるようじゃまだまだダメです。今年はしっかり甲子園で3タテを喰らわせましょう。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ