ミレニアムVの立役者、江藤智。広島からやってきた和製大砲!!

巨人軍の長い歴史の中でもこれだけ。劇的な優勝決定試合は始めてだと思います。
キャプチャ139
2000年の決定試合はまるで、ドラマのような瞬間でした。この日に限って中日の先発。前田幸長の調子が絶好調で巨人打線は8回まで沈黙。9回表を終わって0対4.テレビの実況や解説者も、明日の神宮以降ですね。敗色濃厚を覚悟していたようでしhた。

しかし、巨人は9回に反撃します。連打にフォアボールでノーアウト満塁。ここで中日は堪らず抑えの切り札ギャラードを投入。最初の打者、マルティネスは三振するも続く江藤はカウント有利の状況の中でストレート1本に的を絞りギャラードが投げた速球を見事打ち返し、打球はレフトスタンド中段に突き刺さる値戦銀の同点満塁ホームランを放ち、球場内は余韻に浸る間もなく、次の打者二岡がライトスタンド中段に運び、サヨナラホームランとなり、0対4から5対4の劇的な幕切れで優勝をしました。

この年、広島から移籍してきた江藤に取っては相当なプレッシャーがあったと思います。そえを吹き飛ばしたのが球場内の雰囲気と、ライトスタンドの一丸となって最後まで諦めずに応援をした巨人ファンの力が大きく試合の流れを引き寄せたのは間違いありません。ここまで劇的な優勝を見たのは初めてだした。衝撃が走りましたね。今まで見てきた優勝試合で一番インパクトのある優勝決定試合でした。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ