背番号64。現在は鬼屋敷正人。先人達はどんな選手?

プロ野球選手に関わらず、一般的にも珍しい名字の鬼屋敷正人選手。活躍すれば直ぐに名前を覚えてもらえる選手です。
キャプチャ123
その為には先ず2軍で実績をあげる事が重要です。特に打撃面での進歩が期待されます。打撃面ではまだまだ粗さが目立つ選手です。イースタンリーグでの打率が低い事から1軍の投手と対戦した時には、まだまだ実力不足を実感する事でしょう。

その前は松本。新人王を獲得した時にはこの背番号を身に着けていたんですね。松本は幅広い守備範囲と広角に打ち分けるバッティング技術。そして粘り強さカットカットの連続で、フォアボールを選びます。相手投手が一番嫌がるタイプのバッターです。

その前は酒井。1軍で1勝しか挙げられなかった投手です。

その前は鴨志田。鴨志田はかなり首脳陣から期待されていた大型右腕です。中々、コントロールがまとまらず、制球に苦しみ、球を置きに行った所を痛打される事が非常に多かった投手です。オリックスにトレードに出されました。

その前は進藤。実弟は西武ライオンズの小野寺力投手です。しかし、進藤本人は不本意のまま現役を引退しました。その、前は平松。少しだけ、活躍しました。1年間で4勝を挙げた年もあります。人的補償で中日に移籍しました。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ