背番号63番現在は、笠原将生。先人達はどんな選手?

親子2代で巨人の投手になった笠原将生投手。お父さんは、勝利を挙げる事は出来ませんでしたが。笠原将生投手はお父さんの分まで勝利を納めました。
キャプチャ121
まだまだ、これからの活躍が期待できる投手で、将来のエース候補です。長身から繰り出す、ストレートは角度があり威力満点です。これに変化球の精度を更に磨けば大化けの可能性が十分あります。

その前は田原がこの背番号に袖を通しています。田原は貴重なサイドスローから投げる投手。現役時代の斉藤雅樹を彷彿させる、サイドスローは今後どこまで進化を成し遂げる事ができるのか?斉藤雅樹のような平成の大エースに変貌してくれるのが首脳陣もファンも望む所です。

その前は中里。中日から移籍してきましたが、1軍での登板は僅か2試合に終わりました。その前は会田。サイドスローから、アンダースローに変えて短い期間ではありましたが活躍しました。

その前はミディアッチ防御率7点台と言う散々な結果に終わり即解雇。

その前は野村。あの名将野村克也の息子。巨人に来てからは、それ程活躍は出来ませんでしたが意外性のある打撃をみせました。

その前は根市。1軍での試合出場がない為、知らない人も多い選手です。プロの世界は本当に厳しいです。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ