背番号60。現在は星野真澄。先人はどんな選手か?

巨人のエースとして活躍して桑田真澄投手。桑田真澄投手が好きだった父親が子供に命名したのが、星野真澄投手。星野真澄投手はサウスポーですが、桑田の様な活躍して欲しいとの願いが込められています。
速球はそれ程、速くありませんが、技巧派の投手で、非常に玄人好みするタイプの投手です。
キャプチャ117
その前は小野。小野は小気味の良い投球で将来が有望視されていた投手です。コントロールも良く、期待の右腕でしたが、広島に移籍しました。

その前は深田。1軍登板試合は僅か15試合ののみでした。

その前は平岡。1軍での登板が少なく甲子園時代の活躍からは程遠い内容でした。しばらく飛ばして落合博満も巨人ではこの背番号を身に着けました。流石の3冠王の入団とあって、マスコミは一斉に報じました。全盛期の力はないものの、綺麗な流し打ちや豪快なホームランは健在でした。そして負けはしましたが、横浜との一戦で巨人打線を苦しめ続けた、ハマの大魔神・佐々木から落合は速球を見事に捉え打球はあっと言う間にレフトスタンド上段まで弾丸ライナーで運びました。打たれた佐々木も驚愕の表情を浮かべていました。

また川相も若手時代はこの背番号を身に着けていました。川相と言えば送りバントですが、送りバントは簡単そうで、簡単ではない非常に細かいテクニツクが必要です。また、守備能力も非常に高く、ゴールデングラブ賞の常連でもありました。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ