背番号59番。現在は小山雄輝 。先人達はどんな選手?

昨年力を付け、イースタンリーグで大活躍した、小山雄輝投手。
1軍でも先発投手として起用される等、入団当初に比べ大分力を付けてきました。右の本格派投手で将来のローテーションを担う逸材です。まだまだ伸びシロはあり、これからの活躍が大いに期待できる投手です。
キャプチャ116
その前は福田が着けていました。福田は活躍する年とダメな年がはっきりしている投手です。コントロールに難があります。

その前は深沢。1軍での登板が無かった為、殆どしらない人が多いと思います。

その前が伊達。1軍で7イニングしか投げていない為、インパクトに欠ける選手だと思います。

その前は入野。1軍での出場機会はありませんでしたが、松坂世代の一人でした。

真木、小野と続いてガルベスがこの背番号に袖を通しています。ガルベスは来日1年目に16勝を挙げる等優良外国人選手でしたが、年々成績が下降しし、いつの間にか、不良外国人選手になっていました。そして阪神甲子園球場では判定を巡り、口論となり退場を宣告されると、審判目がけてボールを投げる等、非常に気性の荒い外人投手でした。また打撃力にも優れており神宮球場では、スタンド上段に運ぶホームランを放っています。

またこの背番号は石毛も身に着けていました。石毛は最優秀救援投手のタイトルを獲得しています。石毛は150キロ前後の速球と以上に曲りが大きいスライダーを武器に抑え投手ながら7回から登板する事も珍しくありませんでした。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ