背番号58.現在は立岡宗一郎。先人達はどんな選手?

ソフトバンクから移籍してきた、俊足好打の打者、立岡宗一郎選手が現在背番号58を身に着けています。立岡宗一郎選手は登録は内野ですが、外野も守れる選手です。本職はセカンドですが、セカンドには新加入の片岡、井端らも加わり、層がより一層厚くなってしまいました。外野陣も強力な布陣で立岡がどのようにして割って入るのかが注目です。
キャプチャ115
その前が福元。ソフトバンクから移籍してきっましたが、巨人での1軍出場の機会には恵まれませんでした。

その前が星。2軍では常時出場していましたが、1軍に上がると直ぐに下に落とされてしまう、所謂【エスカレータ選手】でした。西武のトレードで移籍してしまいました。素質は高かっただけに少し勿体な気がします。

その前が木村。広島からやってきた万能選手。どこでの守れて勝負強い打撃はファンを魅了しましたが、コーチ転任1年後に病で倒れ余りにも早すぎる人生に幕を閉じました。

そのまえが、山田。1軍でもプレイしましたが、首脳陣が思ったような結果は出せませんでした。

その前が斉藤。斉藤はデビューした時はこの背番号を身に着けていました。この背番号の頃ははまだ2軍で下地を固めいる時期でした。その後背番号も変わり、主に代打として活躍していました。また、時には先発で出場する等、チャンスはたくさん与えられた、選手でしたが、最後まで能力が開花する事はありませんでした。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ