背番号57 現在は公文克彦。先人達はどんな選手か?

選手の背番号は入団時余程、即戦力ではない限り、重たい背番号を最初に着けます。
キャプチャ114
現在背番号57番は公文克彦投手小柄なサウスポーながらキレのあるストレートを投げ、変化球もカーブ、スライダー。シンカーを投げます。巨人投手陣の中では、ポスト山口の呼び声の高い投手の一人です。

その前高木京介。デビューしっは年に着けていました。デビューした年は鮮烈でしたね。大きなカーブに当時、阪神に在籍していた【ブラゼル選手】が、バッターボックスから逃げ出す程、落差があるカーブは威力は満点です。【ブラゼル選手】は見逃し三振に倒れ、なんだあの投手はと言う顔してベンチに戻りました。その他にもスライダーとチェンジアップを投げます。1年目の活躍は目にみはるものがありました。

その前は古川。1軍での登板が僅か6試合だけにとどまった伸び悩んだ選手でした。その前は三木この選手も1軍登板8試合で終わった選手です。その前が脇谷。脇谷は、セカンドで安定したプレーを見せ、打撃も年々向上怪我さえなかれば、今頃巨人のセカンドレギュラーだったかも知れません。片岡選手の人的補償で西武に移籍したのは残念です。

その前が條辺 ミスターに気にいられ勝ち試合のリリーフ投手として大活躍しました。しかし、登板過多が影響してか、故障が目立ち故障から復帰するも全盛期のストレートの威力とはかなりかけ離れたものでした。結局若くして引退。非常に勿体ない選手でした。現在は埼玉県でうどん屋さんを英英しており客足はかなり良いそうです。プロ野球選手は第二の人生も大切ですからね。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ