背番号56番。現在は坂口真規。先人はどんな選手?

昨年ルーキーイヤーながら、打席数こそ少ないものの1軍に呼ばれた時にはしっかりと結果をだした、坂口真規選手。大型内野手としての期待度が高く、将来のクリーンナップ候補の一人です。パワフルな打撃が魅力で、パンチ力がかなりあり逆方向への大きな当りも打てます。かなり将来が期待できる選手です。守備も無難にこなすので、先ずは2軍で下地をしっかり固めてからと言う事でしょう。
キャプチャ113
その前が仲澤俊足で110Mの遠投を投げる強肩の持ち主でしたが、金刀投手と共に楽天にトレードで移籍しました。その前は加藤。

加藤は現在も巨人の控え捕手ですが、ゴールデンルーキー小林の加入で3番手を實松と争っています。強肩は健在。また意外とパンチ力があり、一発長打の魅力のある選手ですが、打率は低いです。

その前は村田善則。松井の同期として有名で、キャッチャーとしては体格にはそれ程恵まれていませんが、クロスプレーには強く、ホームベースを守り抜きました。

その前は杉山。不祥事により解雇。その前が村田真一。山倉の後継者として、活躍したキャッチャー。打率は低いですが、ここぞと言う場面では無類の勝負強さを発揮しました。またパンチ力も兼ね備えており意外性のある打者でもありました。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ