背番号54.現在は空き番号。先人達はどんな選手か?

この背番号で出世した選手がいます。その選手は後ほどたっぷりご紹介致します。
キャプチャ111
最近背番号54番を着けていたのは、デニス・ホールトン。ソフトバンク時代は19勝を挙げ最多賞に輝く等、巨人でも同様の活躍が期待されましたが、ソフトバンク時代の面影はありませんでした。立ち上がりに難があり、初回に打ち込まれる事が多かったです。

その前が【ピノ村】こと藤村。俊足の内野手で盗塁王に輝いた事もあり、盗塁のセンスは1流の物があります。打撃は長打は期待できませんが、ゴロを転がせば、野手が焦り、内野安打やエラーにつながります。巨人の中でも足の速さはトップクラスです。

その前が三浦。三浦は投手として入団しましたが、頭部にデットボールを与えてしまい、それがトラウマとなり投手生活にピリオドを打ち打者に転向しましたが、打者でも大成はしなかったです。

そしてこの背番号で出世した選手槙原寛己もこの背番号を身に着けていました。槙原は、伝説の甲子園バックスクリーン3連発を被弾した投手ですが、その後はめきめき力をつけ150キロをゆうに超えるストレートとウィニングショットのフォークボールで相手打線を牛耳りました。特に広島戦に投げる事が多く、広島のエース大野豊との投げ合いは非常に見応えがありました。この2人の対戦の場合殆どの試合が1点差のゲームの投手戦で非常に見応えがありました。また槙原は1994年5月18日対広島戦・福岡ドームで完全試合を達成しています。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ