背番号52。現在は隠善智也。先人達はどんな選手。

巨人軍の背番号50番台は出世番号と知られています。現在背番号52を身に着けているのは、隠善智也選手。巨人の外野陣には同型のタイプの選手が多い事から、中々1軍での出場機会に恵まれません。チャンスを一回でものにしなければならず、プレッシャーも相当なものがあると思います。
キャプチャ109
その前が円谷。円谷も隠善同様に同じタイプのプレイヤーです。円谷は、パンチ力を小柄ながら秘めているプレイヤーで、甘く入った球を長打にする事もありました。しかし、同型のタイプが多い事はかなり厚い壁になっています。

その前が岩舘。右の内野手で守備はそつなくこなしますが打撃に難がありました。率が残せずかなり苦労していました。その前が十川は1軍では僅か5安打に終わりました。8年間在籍しましたがこの5安打の中には1本、ホームランを放っています。

その前は織田。1年目は先ず先ずの活躍をしましたがその後がさっぱりでした。その前が井上。井上は先に1軍デビューを果たした熊本工業の後輩、緒方に触発されるかのように1軍に昇格すると、猛打が炸裂僅か2か月でホームランを11本も量産し、ファン投票で、オールスターにも出場しました。後半戦も活躍が期待されましたが、キーオ投手から頭部にデットボールを浴び、それ以降残像が消えないのか?前半戦で見せていた踏み込んで打つ鋭いスイングが影を潜めてしまいました。井上はその後翌年にホームラン3本を放ったのを最後に、その後はホームランを打つ事がなく、引退しました。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ