背番号51.現在は横川史学。先人達はどんな選手?

現在背番号51を付けるのは長距離砲として期待される横川史学選手。既にホームランを放っていますが、まだ1軍の投手との対戦には苦労しています。原監督は積極的に選手の入れ替えを行います。その時に、横川がどのような働きをするかが注目です。そろそろ開眼しても良い頃です。今年はどんな働きをするか期待しましょう。
キャプチャ108
その前は古城。【しげちゃん】の愛称で親しまれました。セカンドの守備は安定しており、藤川球児投手からホームランを放つ等、意外性のある打撃でファンを魅了しました。古城選手は内野ならどこでも守れるプレイヤーです。貴重な存在でした。

その前が中濱。1軍での出場が僅か数試合しかなく、記憶に残ってない人も多いと思います。その前はチョミンテ。巨人では僅か2勝に終わりました。母国に帰った年は17勝を挙げています。日本の水が合わなかったのでしょう。

その前が背尾。殆ど活躍しなかったので記憶に薄い人が大半だと思います。そしてこの背番号で忘れてはあらないのが石井です。石井は勝負強い打撃でチームの勝利に貢献しました。ファンからも上から読んでも【いしい】下から読んでも【いしい】と人気もありました。またパンチ力を秘めており時折試合を決定づけるホームランを放つなど、巨人の80年代前半から90年代前半に輝いた選手の一人です。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ