背番号47。現在は山口鉄也。先人達はどんな選手か?

【ぐっさん】の愛称でファンからも選手からも慕われている山口鉄也投手。
毎年のように苦しい場面で登場し、切れ味鋭いスライダーが大きな武器です。左打者には食い込むシュートがあり、外角に流れるスライダーは、ストライクゾーンからボールゾーンに流れる球で左打者を翻弄します。また右打者にもあまり苦にせず、与えられた回をしっかり抑えてくれる頼もしいセットアッパーです。
キャプチャ105
松本も育成から支配下登録された時にはこの背番号を身に着けていました。松本は広い守備範囲と意外に強い強肩。そして俊足。そして打撃では、くさい球はカットして、微妙なボールは見送りカウント不利な状況から、フルカウントまで持っていき、粘りに粘ってフォアボールを選びます。相手投手が一番嫌がるタイプの打者です。

そしてこの背番号で200勝を達成した工藤公康もこの背番号を身に着けています。工藤は、優勝請負人の異名を取る程、移籍したチームで優勝に大きく貢献しています。西武から移籍したソフトバンクでも優勝に大きく貢献しました。巨人でも優勝に大きく貢献しました。また200勝を挙げた試合では決勝ツーランを巨人ファンで埋まるライトスタンドに叩きこみました。工藤はこの試合見事に完投し、200勝投手の仲間入りを果たしました。巨人の背番号47は左腕投手の出世番号となっています。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ