背番号44番。現在は大田泰示。先人達はどんな選手か?

昨年まで背番号55を背負っていた、大田泰示選手。昨年まで結果が出なかった事から背番号を変更し、今年は心機一転背番号44番。守備能力や走塁能力は高いものを発揮しますが、肝心のホームランが1軍では中々出ません。首脳陣はあくまでも長距離砲として期待しているので小さくまとまっても困る打者です。
キャプチャ102
その前が中谷。控え捕手でしたが殆ど出番はありませんでした。

その前が紺田。俊足の選手で足のスペシャリストでしたが、如何せん巨人の外野陣の層は厚くまた、鈴木と言うスペシャリストもいる為、殆ど活躍の場が無かったです。

その前が大道。代打職人として活躍しました。南海時代を唯一知っていた人物です。大道は大きな体をしていましたが、長打狙いでは無く、完全にヒット狙いのバッティングでバットを短く持って打席に入っていました。

その前が堀田。主に守備固めや代打要員でした。殆ど活躍しなかった残念な選手でした。その前が入来。1年だけ在籍し、ヤクルトに移籍した年に大活躍しました。

その前が緒形。盗塁王に輝くなど、巨人の1番打者として定着していました。打撃センスも良く相手球団から非常に嫌がられる存在として大活躍しました。また巨人での盗塁王は、青い稲妻の松本以来の盗塁王誕生となりました。やはり、1番打者はどんな形であれ出塁しなければ、いくら足が速くてもなんの意味もありません。緒形はスランプが短い選手でした。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ