背番号39番。現在は大累進。先人達はどんな選手?

巨人軍の歴史の中で中々活躍選手が出ないのが背番号39.現在は大累進選手が身に着けています。
キャプチャ93
果たして彼はそのジンクスを破れるでしょうか?大累と言えば俊足ですが、打撃面は徐々に良くなりつつあるも、まだ1軍の一線級相手には力不足は否めません。また内野手の為、群雄割拠の巨人内野陣の壁は相当厚く感じている事でしょう。

現在は、守備力と打撃力をイースタンリーグの試合に出場しながら、向を目指しています。

ロメロもこの背番号を着けていますね。ロメロは他の背番号の所でも触れましたがストレートは速いですが、空振りの取れないストレートです。

辻内もこの背番号に袖を通しています。高校時代の華々しい活躍からプロでも非常に大きな期待をされましたが結局1軍での登板はないまま戦力外となりました。高校時代は左腕でありながら最速156キロを記録した怪物もプロの壁にぶちあたりました。

ソフトバンクから移籍してきた吉武もこの背番号を着けていました。ソフトバンク時代の様な中継ぎのスペシャリストぶりを期待されていましが、結局もう一花咲かす事は出来ませんでした。

三浦もこの背番号を着けています、入団時から中継ぎ投手として活躍していましたが、頭部にデットボールを当ててから投げるのが怖くなり打者へ転向しました。打者としての出場機会は1軍では恵まれませんでした。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ