背番号37番。現在は田原誠次。先人達はどのような選手がいたのか?

アンダースローで投げるプロ野球選手が少なくなってきました。
田原誠次投手はサイドスローですが思いきってアンダースローに切り替えても良いと思います。
キャプチャ88
田原の投げるストーレートと多彩の変化球であれば面白い存在になると思います。田原の前は須永。須永も日本ハムから移籍でやってきました。今年は高校の先輩大竹寛投手の加入によって、須永も自分も奮起しなければ、いけないと頑張ってくれれば良いのですが、これは須永がどう捉えるかに尽きます。

藤田宗一もロッテから移籍してきてこの番号に袖を通しています。巨人では3年間頑張りましたが、ロッテ時代の活躍には遠く及びませんでした。斉藤宜之もこの背番号に袖を通しています。主に代打の切り札として活躍していました。

レギュラーの座が近くて遠い存在の象徴的な選手でした。大事な所で守備のミスやチャンスで明らかにバッター有利のカウントで、難しい球に手を出す等チャンスを潰す事も多かったです。

岡島秀樹も一時期この背番号をつけていました。

元木大介も入団当初はこの背番号に袖を通していました。元木はミスターに【ホームランは10本打てば良い】と言われたのはあまりにも有名な話です。実際元木は、プロではホームランバッターでは無く、チャンスメイクをするバッターでした。【曲者】の愛称で親しまれていました。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ