背番号36番。現在は横川史学。先人達どのような選手がいるのか?

未完の大器と呼ぶ関係者が非常に多い、横川史学選手。豪快なホームランバッターとして、巨人と楽天の間でトレードが成立し、2013年から横川は現在の背番号を着けている。
キャプチャ87
まだ1軍での活躍はありませんが、未完の部分を完成させる作業に今は、2軍で行っています。巨人の選手はホームランを打てる、バッターが多いですが、その中に早く入って欲しいですね。

ボウカー選手が1年目につけていましたね。1年目の低調過ぎる成績から、解雇は確実視される中、クライマックスシリーズと日本シリーズで大活躍し契約延長をぎ取りました。

日本ハムから獲得したMICHEALもこの背番号に袖を通しています。日本ハムのクローザーとして活躍していた事から巨人でも活躍が期待されましたが、既に全盛期は過ぎており、クローザーを任せられる選手ではありませんでした。日本ハムとのトレードでは巨人は再三痛い目にあっています。

そして、高橋尚成、彼の前に36番を着けた選手はいますが余りにも活躍していない為飛ばしました。高橋はルーキーイヤーから完封勝ちや二けた勝利を納めるなど、1年目から大活躍でした。また日本シリーズでも活躍し、そふぉとバンクの強力打線を見事完封に抑える等、新人離れした活躍を見せてくれました。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ