背番号35番。現在は西村健太朗。先人達はどんな選手か?

入団時は頼りなさが目立ち、2軍で日々鍛えられ、漸く1軍の先発のチャンスを貰った西村健太朗。
しかし、初先発はほろ苦いデビュー戦となった。当時の監督が堀内だったのもついていなかった。原が監督だったら西村はもっと前から活躍をしていた可能性が極めて高いだけに勿体なかった。
キャプチャ86
原監督主導の元、西村はストレートの威力が増し、コントロールも以前とは比較にならない程、良くなり現在は巨人の絶対的クローザーを務めるまでになりました。

西村の前は工藤。殆ど記憶にない人が多いでしょう。日本ハムから移籍してきて、1年で自由契約になりましたから。その前が亀井義行です。この辺りから亀井は随所に勝負強さのあるバッティングと強肩でランナーを刺す強肩強打の打者としての知名度が一躍上りはじめました。本当にこの頃の亀井は勝負強かったです。2009年にブレイクする前の段階です。

越智大祐も1年だけこの背番号を身に着けています。

そして清水隆行。清水はハマの大魔神佐々木にルーキーイヤーから【最も対戦したくない打者】と言われた程、天才的なバットコントロールでヒットを量産しました。現在はコーチですが、もう少し長く現役を巨人で出来たかなと思います。選手生命は本当に短いです

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ