現在の背番号33は石井義人。先人達はどんな選手?

各球団には代打職人と呼ばれる、代打のスペシャリストがいます。
2012年巨人が日本一に輝いた年に驚異的な数字で勝利に貢献したのが石井です。左の石井。右の矢野と巨人にはスペシャリストが2人もいます。昨年は石井は不調でしたが、現役生活の中ではそういう年はどの選手にも必ずあります。代打で出番が少ないので目立ってしまっただけだと思います。
キャプチャ85
石井の前はライアル。日本球界に馴染めず1年で帰国してしまいまいた。その前は野間口。野間口は社会人野球ナンバー1投手としてかなりの注目を集めましたが、巨人に入団しました。二けた出来る素質を持っていながら、不甲斐ない投球を繰り返していました。

2008年巨人が大逆転優勝したこの年は、9月に1軍に昇格すると、先発で4勝と結果をのこし優勝に大きく貢献しました。

しかし、再び伸び悩んでいます。イスンヨプ、江藤とこの背番号をつけていますが、何と言っても第二次長嶋政権でタクトを取ったミスターがこの背番号を付けた時にはキャンプにマスコミが殺到しました。ミスターはいつになってもミスターなんですね。

何せ【ミスタープロ野球】ですから、他の球団の選手のように【ミスタータイガース】等と呼ばれる選手も凄いですが、ミスターの足元にも及びません。ミスターはその後江藤の加入により3番を着けますがその時のマスコミの過剰反応ぶりも凄かったですね。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ