背番号29番現在は福田聡志。先人達はどんな選手か?

数字が軽い程、背番号の場合は期待度がと言われています。松井選手等は期待を込められ55番を着けていました。
キャプチャ91
現在背番号29を背負ているのは福田。2012年には8勝をあげ、防御率も1点台と大活躍しました。しかし、課題の制球難は中々解消せず、昨年は不安定な投球を露呈してしまいました。他球団の打者も、制球難を見越して、ボール球をことごとく見極められ、苦しい投球となりました。

グライシンガーもこの背番号を身につけています。ヤクルトで2年連続最多賞を挙げた右腕に期待は大きかったです。実際巨人でも活躍を見せ、チームの優勝に大きく貢献しましたが、2年目の終盤に故障をしてから、3年目はらしくない投球が続き、自由契約となりました。

前田幸長もこの背番号を身につけていました。あまり目立った活躍はありませんでしたが、中継ぎ投手として投げていました。

西岡良洋もこの背番号をつけています。西武から移籍してきて、【左殺しの西岡】の異名を持つほど、左投手には相性がとても良かったです。またバリバリのメジャーリーガー、バーフィルドもこの背番号を身に着けています。1年で退団しましたが、当時は巨人の関係者やファンは大きな期待を持っていました。開幕戦ではハマの大魔神のストレートを粉砕するホームランを放つなど、流石メジャーリーガーと言う打撃を随所い見せてくれました。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ