背番号28番。現在は高木京介。先人達はどんな選手か?

巨人軍の長い歴史の中でも、背番号は歴史に名を刻む選手もいれば1年で終わる選手もいます。当然歴史に名を刻む選手は永久欠番になります。背番号3の長嶋。背番号1の王は有名ですね。背番号4の黒沢はあまりしられていませんね。
キャプチャ80
この様に派手なパフォーマン+成績が加味されて永久欠番は球団が決めます。話は少し逸脱してしまいましたが、背番号28番の話に戻りましょう。

現在は高木が付けています。ルーキーイヤーは防御率0・57と山口を防御率では上回る大活躍でした。しかし、昨年は打ちこまれる事が多く防御率は4点台まで跳ね上がりました。この辺りが百戦錬磨の山口と大きく違う所でしょう。背番号28番は左腕投手がつける事の多い番号です。

高木の前は金刃憲人現在は楽天で活躍しています。

その前は岡島 秀樹。岡島は独特のフォームで、評論家からは、少年野球の選手には絶対に真似しないで欲しい投球フォームと言われた程、岡島にしか出来ない独特のフォームでした。大きなカーブが印象に残りますね。

その前は近鉄のエースとして一世を風靡した阿波野秀幸。全盛期の力はありませんでしたが、若手投手の良いお手本になりました。現在は2軍で投手コーチをしており、若手の育成に、力を入れています。また新浦寿夫もこの背番号をつけています。巨人退団後も息の長い活躍をしました。このように左腕投手ばかりが背番号28を身に着けています。中には右の投手もいますがここまで、偏るのは珍しいですね。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ