背番号26番現在は内海哲也。先人達はどんな選手?

巨人の気まぐれエースは入団当初からこの背番号を身につけています。
キャプチャ77
気まぐれエースとは、内海哲也投手です。背番号26は現在内海の代名詞。本人もこの背番号に対する愛着は相当大きいようです。内海は、本当に気まぐれです。途中で試合をぶち壊したかと思えば良い投球を続けてしたり、掴みどころのない選手です。そんな背番号26はどんな選手がつけていたのでしょうか?

内海選手の前はスピードボールが自慢だった西山一宇がつけていました。コントロールに難がある投手でしたね。その前は外国人選手ダンカンあまり活躍出来ず、1年で巨人を後にしましたね。最初の頃はそれなりに活躍していましたがウィークポイントがばれてからは全くダメでした。

そしてこの背番号で1番輝いたのは、西本聖。江川と開幕投手を毎年のように争い80年代の巨人軍の投手陣を江川と共に支えました。西本と言えばシュート。右打者を翻弄させるシュートは併殺打を取るにはもってこいの球種です。狙っていてもシュートはコースが厳しいと野手の正面に打球が飛びます。非常にシュートは打者に取っては厄介なボールです。そのシュートを自由自在に操り、巨人軍の80年代を支えた西本。シュートの他にもスライダーたフォークボール等、の決め球を持っており、シュートで打者が腰を引けた時に投げるスライダーは効果的でした。もう20年以上前の投手なんですね。懐かしいです。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ