現在は空き番号の背番号23先人達はだれ?

一番直近で背番号23を付けていたのは、脇谷亮太選手です。昨年は開幕戦で逆転打を放つなど活躍していましたが、オフに西武ライオンズに移籍しました。
キャプチャ73
プロテクトされてなかったんですね。オープン戦では鬱憤を晴らすかの如く打ちまくっていましたね。

その前が意外や意外今や、巨人の守護神西村健太朗です。西村もこの頃は伸び悩んでいましたね。コントロールが悪くストレートも今とは違って140キロ前半でした。監督が良くなかったですね、堀内が監督の時の投手起用はハチャメチャで投手陣は混乱しました。しかし、堀内退任後、再び原監督になると西村の投球内容が一変します。そして現在の地位まで登りつめました。

西村からかなり飛びますが、松本匡史も1977年から1979年までこの背番号を付けていました。松本と言えば、青い稲妻としてその俊足をいかんなく発揮し、盗塁王に輝くなど、巨人ファンのハートを鷲掴みにしました。巨人軍史上最高のスピードスターだと思います。今まで、巨人軍からは松本以降盗塁王は出ていますが、インパクトが違います。また、盗塁数が松本に比べてかなり少ないです。昭和のスピードスター松本を超す人材が今後表れるかにも注目が集まるところです。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ