背番号20番。スコットマシソンの先人はどんな選手か?

外国人の大物選手がつける事が多い背番号ですね。日本人なら殆ど活躍しなかった定岡が10年間つけていますね。定岡はタレントになってから、元巨人のエースと言っていますが、とてもエースの活躍なんてしてないです。
bb-f-20120630-mashison-ns300
リリーフのサンチェのこの背番号を付けていましたね。サンチェもスピードボールが自慢の投手でしたね。変化球でかわすというよりは力勝負を挑む投手でしたね。そう言った面ではマシソンと共通している部分が多いですね。

あとはガリクソンもこの背番号を付けました。外国人選手で20番を付けた外れ外国人はいないですね。

20番は優良外国人の為の特等席と言った所でしょうか?ガリクソンは本当にメジャー仕込みの投球で、チームが活気づきました。タフィ・ローズもこの背番号を付けてホームランを打ちまくりましたね。これが巨人が発掘してきた外国人なら何も言う事はありませんが、中々そうはいきません。

ローズも近鉄と金額面の折り合いが付かずに巨人にやってきた外国人選手です。そして現在20番を継承しているのは右の絶対的セットアッパー、マシソンです。

たまには打たれる事はあります。人間ですから、毎日絶好調な訳がないんです。如何に不調な時にそれを表に出さずに投球するかがプロの投手の役目です。特にリリーフ投手の場合は直ぐにリベンジのチャンスが巡ってきます。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ