ホームラン争いで話題!2試合で阿部が4本ホームラン、バレンティンは3本と・・・阿部慎之助がつける背番号10は昔から強打者揃い!!

開幕から好調のバレンティンとケガに悩まされつつもホームランは絶好調の阿部が2試合で4本のホームラン、一方ヤクルトのバレンティンは3本と今年もバレンティンから目が話せません!
阿部も頑張れ!そんな阿部の10番について・・・
20130416-715815-1-L
伝統ある巨人軍の歴史の中で背番号10は、長距離砲が付ける事が多い背番号です。現在攻守の要として活躍している阿部慎之助がつける背番号10。
過去にはどのような選手が付けていたのでしょうか?

調べて見ました。古くは安打製造機張本勲がつけていたんですね。張本と言えば日本球界だけでの安打数はトップの選手です。
3000安打を日本球界で記録した唯一の選手です。現在は日米通算で4000本のヒットを打つイチロー選手がいますが、当時3000本はミスターも王も達成出来なかった大偉業です。
最近の張本は日曜日の朝の番組のスポーツコーナーでご意見番とし活躍しています。時折体たらくの選手に喝を入れます。また駒田徳広もつけていましたね。駒田は満塁に滅法強く満塁男の名前を専売特許とてましたから。何せデビュー戦が満塁ホームランですからね。インパクトが違います。吉岡雄二もつけていました。帝京高校の甲子園の優勝投手ですが、直ぐに打者にコンバートしました。巨人では目立った活躍はしませんでしたが、近鉄では、ホームランを良く打つようになりました。阿部が現在背番号10を背負っていますが、次に10番を背負う選手は相当なプレッシャーが襲うのは間違いありませんね。それだけ阿部と言う選手の打撃センス、キャッチャーとしての高い素質は現在では間違いなく、国内最高捕手です。次に背番号10を背負うのは誰か?まだ時期尚早の話ですが、楽しみですね。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ