チーム一丸となってV3は絶対達成!!目指すはナンバー1日本一!!

今年の巨人は宿敵阪神との開幕カードを2勝1敗で勝ち越しました。打撃陣はより一層厚みが出た感じがします。ロペス選手は3試合で10打点の大活躍。
ropes
新外国人アンダーソン選手は3戦目では3番に起用されるなど、打線が機能し、3試合で47安打と1試合平均15安打以上という、今年も巨人打線は怖いと言うイメージを植え付けるのには十分です。
新戦力がそれぞれ機能しました。3戦目に先発した大竹は、阪神戦と言う独特の緊張感の中6回3分2を丁度100球で2失点。十分合格点の内容でした。アンダーソンも選球眼が良く臨機応変に対応できるシャープな打撃は日本向き。片岡は つなぐ野球に徹しながらヒットを放つなど、それぞれ新戦力が躍動した開幕3連戦でした。その他の選手では、オープン戦不調だった坂本が復調。

4番村田も存在感があり、長野もここ一番では勝負強い。橋本も成長著しく右・左関係なくスタメンで使える。唯一の不安は阿部が本調子ではない所。しばらくは長打はでないかもしれませんが、ミート力が非常に高い選手なので、打率はキープ出来そうですが、やはり阿部の魅力は一発長打。ただ回りがこれだけ好転すると、阿部自身にも自然と闘志に火が付くでしょう。2戦目はミスによる敗戦で勿体なかったですが、チーム一丸となって、戦う姿を感じた3連戦でした。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ