タレントは揃った。巨人の機動力野球を今年は、広島以上に見せつける

今年の巨人は西武からFA移籍で入団した片岡治大選手が加わり、4年連続盗塁王の実績を持つ選手の入団で他の選手も刺激をうけそうです。
片岡
現在の巨人のスタメンのメンバーで単独スチールが出来る選手は、坂本・片岡・長野・橋本と野手の半分は単独スチールが出来る選手です。

特に1番から3番までが全て走れるランナーで今年の巨人の盗塁数は大幅に増えそうです。原監督の得意戦術の一つである【ダブルスチール】も今後頻繁に見られるようになりそうです。

機動力が使えると言うのは非常に大きいです。ランナーが1人出るだけで、得点の可能性が上がります。フォアボールでランナーに出れば、盗塁でセカンドに行く事も出来ます。

片岡は4年連続盗塁王の実績あるプレイヤーですから、マークは特に厳しいでしょうが、その厳しいマークの中4年連続盗塁王を成し遂げた俊足と盗塁センスは抜群のものがあります。
片岡実績
また、坂本も昨年はセリーグ2位の盗塁を決めており、今年は更に盗塁数も増える事必至です。

上位打線で足で相手バッテリーを大きく揺さぶり、集中力が薄れた所で、巨人の主軸が打ち返す、理想の形が作れると思います。 広島のお株を奪う2014巨人流機動力野球。

今年は役者が揃いました。この他にも控え野手では走れる選手が揃っています。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ