専門家が巨人優勝を挙げる人が圧倒的に多い。今年は楽じゃない!!

評論家等が、セリーグの優勝は巨人と圧倒的挙げる人物が多い中、実際の所はどうなのか?オープン戦を振り返ってみます。先ず、内海哲也投手の大乱調が目につきました。
P2012101401384_hara-ns300

キャンプ初日から開幕投手を目指していましたが、今年も菅野智之投手に譲りました。またオープン戦は3位と成績だけみれば十分合格点ですが、中身は良くないです。特に投手陣の失点が他球団よりも多く、負ける時は大敗。勝つ時は僅差と言う、非常に極端な試合が目立ちました。非常に荒い試合をオープン戦ではしてしまったのにも関わらず、専門家が巨人優勝を予想するのには、本番での巻き返しと、抑えの3人が安定しているからです。
内海が不安
しかし、勤続疲労が蓄積しており、今年は例年通りの活躍が出来るかどうかはある程度、結果は残すでしょうが、昨年程の結果は残らないと思います。最終的には優勝する確率はかなり高いと思いますが、例年以上に混戦となりそうです。独走態勢は中々難しいかも知れません。一方打線に目を向けると昨年よりかなり強化されているのがわかります。今年は機動力を駆使した野球も出来るので、ここがもしかしたら最大のキーポイントになりそうです。この打線と投手陣が上手く兼ねあえば、独走もあるかも知れません。非常に分析しずらい今年の巨人軍。しかし、相手球団が分析したものと違う野球をすれば活路を見いだせます。

スポンサードリンク¯

������� ������ ������� ����� 読売�������

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ