巨人、CSファイナルステージ!下克上の可能性は?先発ローテは?

昨日の試合。菅野のノーヒットノーラン。

正直、初戦を今村で勝利し、CSファーストステージ突破は行ける気がしていた。だって、沢村賞投手が先発だよ?負ける気なんてしない。

しかし、まさかノーヒットノーランをやってのけるとは……

この試合、僕は現地どころか、仕事のためリアルタイム観戦すらできていなかったのだが、あとでハイライトを見たら、なんともあっけない試合だった。だって得点シーンは、巨人のホームラン3発のみ。

あとは菅野がヤクルト打線を黙々と抑え続ける……。

前日の由伸采配が炸裂した試合とは打って変わって、淡々とすすむゲーム。CSでこんなことが起こるとは。

ともかく、CSファイナルステージに進出した巨人。もう広島を倒すしかない!!

巨人はCSを突破できるか?

菅野と由伸

由伸監督が辞任を表明してから、まるで別のチームになったように、今の巨人は躍動している。

由伸巨人のこの三年間で、たぶん、今が一番旬だ。

相手は今シーズンの王者広島。その勢いで、下克上なるか……

負け越しチームの日本S進出は前例なし!?

レギュラーシーズン3位の巨人が、CSファイナルステージに進出。

3位チームがCSファイナルステージに進出するのは、セリーグでは3年連続。

16年、17年はDeNAがそれぞれ2位の巨人、阪神を倒してファイナルに進出している。

そして、17年は、1位の広島を退けての日本シリーズ進出を果たした。

3位チームの日本シリーズ進出の前例はあるが、実は、レギュラーシーズンで勝率5割を切った負け越しチームの日本シリーズ進出という前例はない。

巨人が広島を倒し、日本シリーズに進出すれば、史上初の超下克上ということになる。

Sponsored Link

今の巨人には風が吹いている!

少々、余談になるが、僕はJリーグではFC東京を応援している。

そのFC東京の現在の監督である長谷川健太氏は、2014年のガンバ大阪監督時代に、リーグ戦優勝、ナビスコカップ(現ルヴァンカップ)優勝、天皇杯優勝という3冠を達成している。

しかも、前年までガンバ大阪はJ1リーグにすらいなかった。まさに下克上。

この快挙に関して、長谷川健太監督は「あの時は風が吹いていた」と語る。

すべてが、うまく噛み合って、追い風に流されるように優勝へ導かれたと。

そう、何が言いたいのかと云うと、今の巨人にも、その風が吹いているんじゃないかということだ。

今シーズンのドーム最終戦ではサヨナラ勝ち、由伸監督の辞任表明から、シーズン最終戦の阪神戦では自力CS進出を決めたり、岡本和真が3割30本100打点を達成したり……

そしてこのCS初戦を、今年ようやく1軍に定着した今村が試合を作り、帰ってきた上原浩治がパーフェクトリリーフ。奇襲、奇策を用いて泥臭く勝利して、2戦目の菅野のノーヒットノーラン。

これはもう、風が吹いているとしか言えないだろう!!科学的根拠なんてない、だけどそれがスポーツの面白さだ。勝てる気しかしない。

あの田中将大が、シーズン24連勝し日本シリーズで巨人と戦った2013年。僕はテレビの前でその戦いを観ていたが、やはり勝てる気がしなかった。巨人もなんとか田中に1敗の泥を付けたが、最後の最後に登板され、日本一の座を渡すこととなった。

今の巨人に、あの時の王者の風格はない。だが、チャレンジャーだからこそ、浮かぶ瀬もあるはずだ。

CSファイナルステージの先発は?

ノーヒッター菅野

気になるファイナルステージの先発やいかに?

このファーストステージでメルセデスを温存できたのはかなり大きい。

菅野はシーズン終盤から確実に調子を上げている。今村も充分計算できる。

そして、こんなこともあろうかと、由伸監督はとっておきの秘密兵器を用意していたのだ!!

(16日、スポーツ報知で先発予想が公表された。

メルセデス>田口>菅野>今村>ヤングマンの順となる可能性が濃厚なようだ)

Sponsored Link


ファイナルステージ先発予想&対広島成績

第1戦 C.C.メルセデス

ファーストステージを2勝で勝ち上がることに成功したことで、メルセデスを温存できた。

第1戦はメルセデスが登板するとみて間違いない。

今シーズンの成績は、13試合に登板し、5勝4敗、防御率2.05。

最終戦で阪神につかまったが、それまでは防御率1点台とすさまじい成績を残していた。

対広島戦では、2試合に登板。0勝1敗、防御率6.00。良い印象はないが、たかが2試合。

万全の状態で挑めば勝機はある……頼むC.C.

第2戦 田口麗斗

16日のスポーツ報知の情報によれば、第2戦は田口が濃厚となったようだ。

今シーズンは、16試合に登板、2勝、8敗、防御率4.80

本来、田口には左のエースとして先発ローテを担ってもらいたかったが、この成績では……

対広島戦も0勝3敗、防御率6.60と不安要素は高い。

しかし、ここで田口の名前が挙がるということは、状態は良くなってきていると見ていいのだろうか?

正直不安だが、この試合で見事なピッチングを見せてくれたら、この1年の失態はチャラにできるほどの大舞台。

名誉挽回の大チャンス。田口には全身全霊の投球を願いたい。

第3戦 菅野智之

中4日で登板。頼もしき球界最高投手。

対広島戦の成績は、6試合に登板し、3勝2敗、防御率2.79。

さすが菅野。あの強力打線、広島相手に防御率2点台。まさに神。神様、仏様、菅野様だよー!!!

ここまでに菅野含めて、なんとしても2勝はしたい。そうすれば突破のチャンスはある。3勝できていたらもう、やるしかない、行くしかない。ともかく、菅野での勝利は必須条件だ。

第4戦 今村信貴

CS第1戦で登板し、充分な登板間隔で臨める状態。

広島戦では4試合に登板し、2勝0敗、防御率5.31。

なんと広島相手に勝率10割。うん、これは縁起がいい。

やや防御率に不安は残るが、相手は強力広島打線だからね、しょうがないね。

打ち勝てばいいんだよ、打ち勝てば!!

第5戦 テイラー・ヤングマン

彼こそ、由伸巨人の秘密兵器。今年7月に左手を骨折して登録を抹消されたが、それまでの1軍成績は、

4試合に登板し、3勝1敗、防御率2.77と安定の成績を見せていた。

そして特筆すべきは、対広島戦の成績が0登板だということ。

しかも、2軍では長く調整をしていたが、広島の2軍はウエスタンリーグ、ヤングマンとの面識は皆無。

つまり、広島にとってヤングマンは完全なる初物だ。切り札と云っていいだろう。

ヤングマン、さあ立ち上がれよ!ヤングマン、今飛び出そうぜ!ヤングマン、もう悩むことはないんだから!!

素晴らしい!!!(東京ドームに戻って、またこの登場曲を聴きたい)

第6戦 C.C.メルセデス

もし、第6戦までもつれた場合、これが最後の戦いとなる。

現時点では、メルセデスが先発予想となるが、正直、第6戦までに日本シリーズ進出を決めてしまいたいところだが、ここまできたら総力戦。菅野が中継ぎで登板したりすることもあるだろう。

まとめ

今の巨人には風が吹いている。

そりゃ、シーズン負け越したチームが日本シリーズ行くのかよっていうアンチたちの声だって聞こえる。

CSで勝ち上がったって、シーズンで優勝しなきゃ意味ない?

そんなのはわかってる。だけど、これは由伸巨人の最後の戦いなのだ。

僕はここまで、2位以下だったCSを応援したことはない。むしろ、そんなので下克上なんて笑わせるし、なんか恥ずかしいじゃん?とすら思っていた。

だけど、この戦いは、何度も言うようだが、野球人、高橋由伸の最後の大舞台。集大成なのだ。

見てみたくはないか、平成巨人のスター高橋由伸が、平成最後の日本一にの監督になって、万雷の拍手を浴びる瞬間を。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

One Response to “巨人、CSファイナルステージ!下克上の可能性は?先発ローテは?”

  1. […] 巨人、CSファイナルステージ!下克上の可能性は?先発ローテは? […]

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ